このページの先頭

トップページ > 考える言葉

考える言葉

深沈厚重

2020年11月02日

 中国の古典に『呻吟語(しんぎんご)』という著書がある。著者は、明の時代の政治家、思想家で呂新吾(りょしんご)である。
 その著書の中に、人物像について述べてある一節があるので紹介したい。
 「深沈厚重(しんちんこうじゅう)なるは、これ第一等の資質。磊落豪雄(らいらくごうゆう)なるは、これ第二の資質。聰明才弁(そうめいさいべん)なるは、これ第三等の資質」
 "深沈厚重"とは、どっしりと落ち着いて深みのある人物のこと。(寛容かつ威容、確固たる信念を持ち合わせている様)
 磊落豪雄とは、積極的で細事にこだわらない人物のこと。
 聰明才弁とは、頭が切れて弁が立つ人物のこと。
 この"深沈厚重"という言葉とは、もうだいぶ前になるが、安岡正篤先生の著書の中で知り、『呻吟語』(呂新吾著〈守屋洋編・訳〉)を購入し、読んだという記憶がある。
 その当時、同業者の友人からの紹介で、『経営人間学講座』(竹内日祥上人主催)に通い出した頃で、「人間いかに在り、生きるべきか」を真摯に考えていた頃だったので、得心したのを覚えている。
 最近、思うことがあって、書棚の整理をしつつ、心惹かれた本を再読している。その中の一つに『生き方』(稲盛和夫著)があり、読み直していると、「リーダーには才よりも徳が求められる」という節の中で、『呻吟語』のこのくだりを引用し、次のように解説を加えてあった。
 呂新吾は、人の上に立つ者(リーダー)の資質として、次の3つの要素を兼ね備えていることが望ましいと示唆してくれている。
 
 一.深沈厚重(=人格)
 二.磊落豪雄(=勇気)
 三.聰明才弁(=能力)
 
 稲盛和夫氏の読解力の凄さは、それぞれ3つの要素を「一.人格 、二.勇気、 三.能力」と平易な言葉に置き換えて、理解し、説明を加えているところにある。
 今、時代のパラダイムが大きく変わろうとしている。そのような状況下において、人の上に立つリーダーにこそ才や弁でなく、明確な哲学を基軸とした"深沈厚重"の人格が求められるのであろう。
 稲盛和夫氏がつねに真摯に問うている「人間として正しい生き方とは何か?」を常に内省し、"深沈厚重"の人格を磨き続けたいと思う。
                                 "考える言葉"シリーズ(20‐41

このページの先頭へ戻る