このページの先頭

トップページ > 考える言葉

考える言葉

節目

2019年02月13日

 今年は、IG会計グループにとって創業35周年という一つ"節目"の年を迎える。

 

 不思議な心地だ・・・。一年365日、いままでもずっと同じ時間の流れの中で生きてきたはずなのに、"節目"を意識するだけで、昨年とは違う何かを成し遂げたいという意識が動いている。

 

 例年のことであるが、10月に入ると次年度の「基本方針」を考え始めて、幹部会で発表するようにしている。"節目"の年を意識しながら、色々考えた挙句、選んだのが『「限りなき"創造・変化"への挑戦」~楽しく、豊かで、エキサイティングな一年にしよう!』であった。

 

 創業したのが1984年(S59年)6月1日。もちろん、ゼロからのスタートである。幸い、仲間には恵まれ、ヤル気だけは十分だった。毎日夕方になると、缶ビール等を買ってきて酒盛りが始まる。

 「一年くらいは無報酬でもいい」といって、駆けつけてくれた3人の仲間。何もなかったけれど、夢・志だけは溢れんばかりであった・・・。

 

 「よその会計事務所がやらない、できないようなことをしましょう」

 「業界を変える、先駆的な役割を担おう」

 「がむしゃらに働いて、遊ぶときは遊ぶ・・・。家族も連れて、皆で海外旅行にいこう」

 「プロ集団をつくり、中小企業のシンクタンクになろう」

 「パートナーシップ制を確立し、みんなに社長をやってもらおう」等々。

 

 何か、いつも胸騒ぎがしていた創業当初の頃の思いが蘇ってきて、気付いてみると前述のような「基本方針」を、みんなに発表していた。

 

 IGグループ創業の年(1984年)は、時代の大きな"節目"の年でもあったようだ。暦学の180年周期説によると、時代が治世(上元と中元)から乱世(下元)へ変わった年だという。

 

 この事実を知ったとき、妙に心ときめいたのを、今でも覚えている。激動、激変の時代、何かが動いていくような予感がして、ワクワクドキドキした気分である。そのときから、何かにつけて、「変化・革新・創造」という言葉がつねにキーワードとなってしまったようだ。創造的破壊、イノベーションなど。また、「治世の能臣、乱世の奸雄」という言葉も意味深いものだ・・・。

 

 話が少し飛んだが、"節目"とは物事の区切りとなる大事なところである。"節目"を意識するだけで、気が引き締まる思いである。また、その時々の"節目"に、様々な出逢いがある。なぜか、自然と感謝の気持ちがあふれ出してくる。

"考える言葉"シリーズ(19‐06)

このページの先頭へ戻る