このページの先頭

トップページ > 考える言葉

考える言葉

経営センス

2021年02月25日

 "センス"といえば、小さい頃に草野球をやっていたときのことだが、見学に来ていた先輩たちの何気ない会話をいまでも思い出す。
 「サードを守っているあのこ、"センス"がいいよね・・・」「うん、持って生まれたもので、理屈じゃないね」 それ以来、"センス"を磨くにはどうしたらいいのか、いろいろ考えたものだ。
① 盗んで、真似をする、② 天賦の才の背景にある法則を知る、③ 試行錯誤する、④ データベースをつくる等々。
 小生は、職業柄、多くの経営者とお付き合いがある。その中には、"経営センス"の良さがビンビン伝わってくるような方々がけっこういる。もちろん、先天的な資質もあるのだろうが、どちらかと言うと、実践(体験)を通して学び身につけた後天的なものが多いように思う。
 さて、ここでいう"経営センス"とは何だろうか?社長の求められる"センス"を思い浮かべてみよう。
 「情報力」「先見力」「判断力」「決断力」「対応力」「行動力」「実行力」「掌握力」「人間関係力」・・・、「動物的な勘」や「運の強さ」なども挙げられよう。
 "経営センス"を語るとき、中でも、よく話題になるのは社長の「先見力」ではないだろうか。混沌としたご時世の中、先々をどこまでどのように見通すか、その力量を問われることが多い。
 小生も、「先見力」「決断力」「実行力」を基準に観察し、チェックしていることが多いような気がする。ただ、"経営センス"とはバランス感覚のようなものであるから、様々な力の総合力だと考えた方がよい。
 そして、その総合力を支えているのは、社長の生き様、つまり価値観、使命観、信条や信念などであり、経営に対する哲学だと思う。
 また、"経営センス"とは儲けにつながっていないと意味がない。その意味においてもマネジメント能力を発揮できるセンスが求められる。
 経営とは3つの戦い(組織統率力、環境適応力、変化への対応力)をしていると言われている。これら3つの戦いに勝ち、生き残っていくために自らの"経営センス"に磨きをかけ続けるしかない。
 自らの"経営センス"を磨くには、何をすべきかを洗い直す必要がある。
 「将軍の日」は、一日かけて、自社の経営理念の見直し、SWOT分析、課題の抽出、
解決方法などを考える。"経営センス"を磨くいい機会になると思う。
 
"考える言葉"シリーズ(21‐08

このページの先頭へ戻る